VOICE.01

木下 杏菜

管理部管理課/
2018年入社

INTERVIEWインタビュー

MY POLICY IS生産設備のこと、製品のこと。
知識の引き出しを増やして、
臨機応変に
対応できるようになりたい。

Question 01.三光製作所に入社した理由と、
現在の仕事内容を教えてください。

以前は自社工場を持つインテリアショップで営業の仕事をしていましたが、生産管理に興味を持ったこと、また営業で培ったコミュニケーション力を活かして新しいフィールドで働きたいと思ったことから、三光製作所に転職しました。
当社がつくっているのは「油圧バルブ」と呼ばれる製品です。製品が計画通りに製造・出荷されるよう、工場全体の流れを見渡して管理を行うのが私たちの仕事です。具体的には、材料や部品の調達、進捗状況の確認、梱包作業などの業務があります。
モノに向き合うだけでなく、人に向き合うのがこの仕事。社内の他部署や、外の協力業者としっかり情報共有することを大切にしています。

Question 02.どんなときに自分の成長や、
仕事のやりがいを感じますか。

入社して半年なので、まだ会社の全貌が見えていないというのが本音です。
それでも最近では先輩に頼らず、ひとりで動くことが増えてきました。製品をつくるのは早ければいいというわけではなく、納期に合わせて計画通りに進めることが重要です。遅れている場合はスピードを上げるように、早い場合はペースを抑えるように指示します。スムーズに流れたときは、現場の縁の下の力持ちとして、やりがいを感じますね。
一方で予期しないトラブルや手違いで、計画通りに進まないことも珍しくありません。生産設備のこと、製品のことなど、知識の引き出しを増やして、臨機応変に対応できるようになりたいです。

Question 03.三光製作所の「いいところ」
「自慢できるところ」はどこだと思いますか。

新人としては、何でも相談しやすい、聞きやすい雰囲気があるのがありがたいですね。
上司や先輩の仕事ぶりを見ていると、「もっと効率を上げるにはどうすればいいか」「他に良い方法はないか」と常に考えています。会社として改善に力を入れていることはもちろん、一人ひとりが向上心を持って仕事に取り組んでいるんです。ミスが起きてしまったとしても、個人の責任にせず、今後同じことが起きないように対策を立てようという前向きな風土なので、モチベーション高く仕事に取り組めると思います。
私自身も、まずは今の仕事をしっかり覚えて、その先に生産ラインの改善にチャレンジしたいと考えています。

SCHEDULEある一日のスケジュール

  • 8:00

    出社・朝礼

    朝礼終了後は、今日一日の業務をリストアップします。

  • 9:00〜

    進捗確認

    製品が今どの工程にあるのか確認します。必要に応じて協力業者さんに問合せをします。繁忙期や納期が迫っているときは、私たちが車を走らせて業者さんのところに素材を持ち込むことも。

  • 10:00〜

    「手入れ指示」の作成

    進捗確認に併せて「手入れ」(製品の組立前の洗浄、バリ取り)の作業指示を作成します。

  • 12:00〜

    昼食

    男性陣は静かですが、女性陣はおしゃべりを楽しみます。

  • 12:45〜

    材料・部品の発注

    製品の納期に照らし合わせて、必要な材料・部品を業者に発注します。

  • 15:00〜

    進捗確認

    午後から動く製品の進捗を確認します。合間を見て書類の整理なども行います。

  • 17:00〜

    出荷準備

  • 18:30

    退社